下宿生の皆さんの声

ごあいさつ

ここ会津で下宿を始めて20余年。今まで数え切れないほどのお子さんを見守り、そして送りだしてきました。

遠くから会津に一人で来た子たちは、初めはみんな不安で心細い思いをします。

でも安心してください。私たちは「会津の家族」です。寂しいときも辛いときも、いつもお子さんに寄り添って、支えていく味方です。

会津に住もうと思っているお子さん、またその保護者の皆様、どうぞ遠慮なく、何でも相談してください!
お金のこと以外はね!(笑)

卒業するお子さんからいただいた、スタッフたちの似顔絵です。 実際より美化されていますかしら?
とても心のこもったプレゼントに感激しました。 ありがとうございました!

お手紙紹介

入居していたお子さんが学校を卒業するとき、よくお手紙をいただきます。本当にありがとうございます。
ここでは、書いてくださったご本人の許可を得て、その一部をご紹介します。

<一部抜粋>
高校進学の際は会津に住めることがとても嬉しくて、不安やさびしさもありましたが、期待と楽しみな気持ちでいっぱいでした。しかし、学校には最初はなじめず、勉強にもついてゆけず…。さらにはホームシックという、今まで生きてきた中で一番というほど落ち込んでいました。あんなに大好きだった会津が少しだけ嫌いになりかけていました。でも、由希さんをはじめとする寿の皆さんが、私達に優しく接してくださり、支えてくださいました。本当に感謝しています。皆さんがいなければ、3年間を過ごすことはできませんでした。(中略)たくさんたくさん思い出があり書ききれないですが、どんな時も私達のことを想ってくださっていました。私達はその気持ちをいつも感じながら過ごしてきました。大好きな会津がもっと大好きになりました。私は高校3年間という時間を、この会津で、この寿で過ごすことができ、幸せでした。

 


<一部抜粋>
最初はホームシックになってしまい、3年間も下宿生活なんてできないと思っていました。でも由希さんや七三子さん、小山さん、おじさんのおかげで毎日すごく楽しく、充実した高校生活を送ることができました。(中略)部活の応援も沢山していただきました…会津まつりも見に来てくれて、由希さん達の顔が見えて、すごくうれしくて、なんだか安心して涙が出るのを我慢した覚えがあります(笑)大会にも沢山のドリンクを差し入れに持って応援に来てくれて、本当に力になりました。本当に数え切れないほど思い出があります…。(中略)
会津は私の第二のふるさとで
寿は私のもう一つの家で
由希さんは私のもう一人のお母さん
だと思っています!ですので、これからもよろしくおねがいします(笑)

本当に皆さんの感謝のお言葉の数々には、涙がでます。
これからも私たちは皆さんの「家族」として、精一杯のサポートをしていきます。
かけがえのない学生時代が、光り輝きますように。

お子さんたちの主な進学先

◇国公立大学
秋田大学/宇都宮大学/京都大学/千葉大学/筑波大学/新潟大学東北大学/福島大学/山形大学

◇私立大学
神奈川大学/自治医科大学/淑徳大学/上智大学/昭和大学/専修大学/中央大学/東海大学/東洋大学/新潟工科大学/新潟国際情報大学/日本大学/文教大学/法政大学/横浜商科大学/早稲田大学

(五十音順)